複数のビッグクラブを含む、欧州の数多くのクラブからの関心が伝えられていた若き才能の獲得に向けて、他のライバルたちよりも素早く動いたバイエルンとサリハミジッチSDは、タンギー・クアッシの獲得に成功したようだ。フランスからの情報によれば、すでに移籍は確実な物になっているという。

 身長187cmの守備のオールラウンダーは空中戦に長け、ボランチとしてもセンターバックとしても、さらに今季いっぱいでレンタルが終了しチームを去るオドリオソラの右サイドバックとしても、プレーすることが可能。

 CLデビュー戦となった昨年12月のガラタサライ戦では、実際に4バックの右サイドでプレーしており、同月7日にパリ・サンジェルマンにてトップチームデビューを果たした18才は、今シーズンは最終的に6試合に出場している。