FCリヴァプールより今季いっぱいの期限つきにて、1.FSVマインツへと加入したタイウォ・アウォニイ。しかしながらマインツは現在、同選手の残留の可能性に向けて模索しているようだ。ただ財務状況からみて、仮に残留となったとしても、ナイジェリア人FWは再びレンタルでの加入ということになるだろう。

 また、今季で契約満了となるダニエル・ブロシンスキについても、マインツ側は残留を目指しているところであり、アヒム・バイアーロルツァー監督によれば、2014年から在籍するベテランサイドバックは、すでに契約延長のオファーを手にしているという。

 さらにユースからトップチームの主力へと飛躍を遂げたシュテファン・ベルについても、今季までとなっている契約の延長をマインツは目指しているところ。今季はじめに足首に重傷を負い、シーズンの大半を棒に振る結果となったセンターバックは、最終節にはメンバー入りを果たしたものの出場機会は得られていなかった。