昨シーズンよりマンチェスター・シティからレンタルで加入していた、米国代表ザック・ステッフェンがこのまま退団することとなった。加入直後からチームの新守護神として活躍を見せていた同選手だったが、後半戦では負傷により離脱を余儀なくされていた。

 そのためリーグ戦での出場は、その前半戦17試合のみに止まっており、kicker採点平均3.09。ドイツ杯でも初戦のヴィリンゲン戦のみの1試合に止まっており、代役はカステンマイアーが務め、前半戦の最終順位16位のまま最終節を迎えたのだが、最後にブレーメンに交わされ無念の2部降格を喫している。