シュトゥットガルトのドニス「一刻も早く復帰したい」


 今シーズンはアナスタシオス・ドニスにとって、なかなか思うように事が運ばないシーズンだ。タイフン・コルクート監督から信頼を得るには至らず、第2節のバイエルン戦では好パフォーマンスをみせながらも途中交代。第6節のブレーメン戦では先発で出場機会を掴み、得点を決めてアピールに成功したが、しかしその喜びもつかの間。左大腿筋裏の筋束を断裂し、再び途中交代を余儀なくされたのだ。

 「次のハノーファー戦でもプレーできたと思うよ」とkickerに対して語った同選手は、母国ギリシャでのリハビリ中に監督交代の知らせを聞いたとのことで、負傷については「当初思っていたよりも酷いものだったんだ。シュトゥットガルトに戻って、早くランニングを再開したい」と述べている。

 「予定では5・6週間といったところなんだけど、でも早く展開していくことを期待しているところさ。できるだけ早く回復したい。できればフランクフルト戦で復帰できるといいね。ホッフェンハイム戦にまるかも。そのためにハードに取り組んでいくよ」

 そのホッフェンハイム戦は来週の週末。その前にヴァインツィール新監督の下、シュトゥットガルトは現在首位に君臨する絶好調、ボルシア・ドルトムントとのホーム戦が控えているところだ。
 


関連記事

kicker日本語版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索