不二越工生41人合格 技能検定3級

不二越工生41人合格 技能検定3級

 不二越工業高校(富山市東石金町)情報機械科の1〜3年生41人が、国家検定の技能検定3級に合格した。うち4人は中国人留学生で、日本語で行われた学科試験も見事に突破した。13日は合格者36人が集まり、互いをたたえた。 試験は学科と実技で7月に実施。普通旋盤、フライス盤では鋼材を決められた寸法に加工し、マシニングセンタは機械にプログラムを入力する作業、機械検査は部品の寸法の測定にそれぞれ取り組んだ。同校からは普通旋盤で14人、フライス盤で8人、マシニングセンタで16人、機械検査で3人が受かった。 マシニングセンタを受験した堀田光輝さん(2年)は「努力が実った」と喜び、普通旋盤で合格した留学生の袁昊宇(エンコウウン)さん(同)は「日本で学んだものづくりの知識や技術を母国で生かしたい」と話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北日本新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索