「魚津版観光DMOを考える」開催 魚津市

「魚津版観光DMOを考える」開催 魚津市

 魚津市の今後の観光について模索する講演会「魚津版観光DMOを考える」が14日、同市中央通り名店街のコワーキングスペース「machi−co(マチコ)」で開かれた。 DMOは自然や食、芸能といった地元の観光資源を生かし、地域と協同で観光地域づくりを行う法人のことで、県内でも設立する動きがみられる。 市内でDMOの必要性や役割を考えようと、創業者やビジネスを支援している同所が企画し、市職員や市観光協会職員ら約10人が参加した。 とやま観光推進機構や外国人旅行者に国内の情報を発信するウェブメディア会社MATCHA(東京)の担当者が県内の観光の現状やDMOの取り組みについて説明した。 同機構の水落仁事務局長は、昨年同機構が日本版DMO(観光地域づくり推進法人)に登録したことや旅行者のデータを取って事業を展開していることを紹介した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北日本新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索