大雪 高岡84センチ、富山57センチ 12日の県内

 冬型の気圧配置の影響で、12日の県内は雪または曇りとなっている。午前6時現在の積雪は富山57センチ、高岡(伏木)84センチ、砺波49センチ、魚津29センチ、氷見65センチ、朝日20センチ、猪谷31センチ。 富山地方気象台によると、昼にかけて雪が降り、12日夕方までに県東部では多いところで25センチ、県西部では40センチの積雪が見込まれる。石川県付近に低気圧があり、動きがゆっくりしているため、高岡や氷見など県西部北を中心に雪が多い「里雪」となっている。 県東部南、西部南の大雪警報は午前7時半、注意報に切り替えた。県西部北には引き続き大雪警報を出し、注意を呼び掛けている。 朝の最低気温は富山が氷点下2・3度、高岡が同2・4度と今季最低気温を記録。魚津、秋ケ島、八尾でも今季最低気温となった。 同気象台によると、冬型の気圧配置が続くため、所により雪で雷を伴い、夜遅くは曇りとなりそう。日中の予想最高気温は富山、高岡いずれも1度。 13日も冬型の気圧配置が続き、曇りで朝から雪の見込み。予想最低気温は富山が氷点下4度、高岡が氷点下3度を見込み、最高気温はいずれも2度を予想している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北日本新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索