サンエツ本店移転 2019年3月オープン 

サンエツ本店移転 2019年3月オープン 

 ギフト販売のサンエツ(富山市豊城町、板川信夫社長)は、同市新屋に本店を移転新築する。現在の本店が国道8号の高架化事業の予定地になっているためで、創業45周年を迎える来年3月にオープンさせる。売り場面積を1・3倍に拡大して商談スペースを充実させるほか、ラッピング技術を教えるカルチャー教室も開く。顧客との触れ合いを重視し、インターネット通販業者との差別化を図る。 移転先は国道8号新屋交差点から北側に延びる県道沿い。新店は鉄骨2階建て延べ1400平方メートルで、1階に売り場、2階に本社事務所や会議室を設ける。本店内にあるアイスクリーム店も同時移転する。 新店に並べる商品は現行の4千点から1割程度のアップに抑え、その分、商談用のテーブルやカウンターを増やす。カルチャー教室は1階のオープンスペースや2階の個室を活用する。ラッピングコーディネーターの資格を持つ従業員が講師となり、母の日やバレンタインデーなど年中行事に合わせた包装を教える。仕入れ先の食品メーカーなどと連携して、各商品のおいしい味わい方を学ぶ講座も検討している。 板川社長(58)は「ゆったりとした商談スペースを確保できる。ネット通販にはない対面販売の強みを生かしたい」と話している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北日本新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索