介護福祉施設の雇用環境改善について学ぶ就職特別講座が15日、富山市願海寺水口の富山短大で開かれた。健康福祉学科1年生42人が県内の先進事例を学び、進路の参考にした。

 講師に招いたのは、ひみ福祉会(氷見)、喜寿会(射水)、梨雲福祉会(富山)の三つの社会福祉法人。いずれも運営している施設が雇用環境の改善に取り組み、県の「がんばる介護事業所表彰」を受けている。

 各福祉法人の担当者は賃金体系や人事考課、資格取得のための支援制度などを詳しく説明した。リフトを使った介助で職員の腰痛を予防していること、勤務する女性が子育てと仕事を両立できるように託児施設を開設したことなども紹介した。

 就職活動を控えている学生たちは真剣な表情で聞き入り、メモを取っていた。