氷見市出身の漫画家、藤子不二雄(A)さんのキャラクターが描かれた特別紙面を使った新聞エコバッグ教室が11日、同市中央町の潮風ギャラリーであり、家族連れらが作り方を学んだ。

 手作りのエコバッグに入れてプレゼントを贈ろうというバレンタインデー企画の一環。大阪や千葉など、県内外から約30人が参加した。

 石川県輪島市の吉浦美智子さん(33)親子4人は、会員制交流サイト(SNS)で教室の開催を知り、訪れた。忍者ハットリくんの柄を選んで制作した快虎君(10)は「持ち手の部分が難しかったけど、うまく出来上がった」と笑顔を見せた。