今年の高岡御車山(みくるまやま)祭(5月1日)と伏木曳山(ひきやま)祭(同15日)のポスターが12日に披露された。富山ゆかりの県外企業や交通機関、県内の宿泊施設などに配り、祭りの魅力を発信する。

 高岡御車山祭のポスターは美しい車輪を大きく配置し、山車(やま)の細部に施された金工や漆工といった伝統技術の素晴らしさを伝える。伏木曳山祭のポスターは最大の見どころ「かっちゃ」の迫力ある場面をメインに据え、衝突音や歓声が響く祭りの様子を表している。

 いずれもB1、A1判があり、合わせて約4500枚を作った。市観光交流課は「高岡に受け継がれてきた伝統や技を知ってもらうのが狙い。多くの人に来てもらい、迫力や気迫を感じてほしい」としている。