氷見市で4月に開校する義務教育学校「西の杜学園」の入学説明会が13日、同市速川小学校であり、入学予定の園児と保護者計18人が授業や給食を体験した。

 体験授業では、子どもたち9人が折り紙でツルやウサギ、ハートなどを作って画用紙に貼り、クレヨンで思い思いの絵を描いた。保護者は学園の特色や用意すべき学用品などについて説明を受けた。

 速川保育園年長の山元梨依渚ちゃんは「絵を描くのが楽しかった。仲良しのみんなと勉強できるのが楽しみ」と話した。

 西の杜学園は西部中学校と明和、速川、久目の3小学校が統合する。