富山商工会議所の「新商品・新サービス合同プレス発表会」が13日、県民会館で開かれ、富山市内の3事業者が抗菌消臭加工の枕や水ようかんを使ったプリン、立山・室堂の「雪の大谷」直行バスツアーといった独自性のある商品などをPRした。

 寝装の大郷(同市室町通り、大郷卓也社長)は、ワイズイノベーション(同市下大久保・大沢野)と共同開発した枕を紹介。表面にタンパク質や菌を分解する素材を使い、においが気にならず、快適な眠りにつながる点を強調した。

 和菓子店の竹林堂分家(同市旅籠町、山崎肇店主)はカラメルソースの代わりに水ようかんを使った和風プリンを紹介。総務省の家計調査でプリンの支出額は富山市が全国1位だったことに着目したことなどを説明した。

 西部トラベル(同市太郎丸西町、村田寛社長)は、県内のホテルや旅館の玄関先から雪の大谷まで移動できるバスツアーを紹介した。乗り換えがなく「ドアツードア」で直行する特徴をアピールした。

 発表会は小規模事業所の情報発信と販路開拓支援を目的に開き、7回目。商品の展示や配布などもあった。