北電の金井豊社長は14日、東京・大手町の電気事業連合会で会見し、原子力規制委員会による志賀原発2号機(石川県志賀町)の新規制基準適合性審査(安全審査)が長引いている状態について「大変厳しい」との見方を示した。一方で「審査は動いており、断層に活動性がないということに理解を得られると思う」と述べた。

 未着手の1号機の安全審査に向けては「まずは2号機から審査してもらい、次は1号機だ」としつつも、「2号機と比べ古く、規模も小さい。2号機の(審査の)めどがついた時点で、それらを踏まえどう判断するかだ」とも述べた。

 日本原子力発電の敦賀原発2号機(福井県)を巡り、原電が示した地質データに不適切な書き換えがあったことについて「個人の感想だが、意図的な改ざんではないと思う。ただ、もう少し原電が丁寧に説明すべきだった」と語った。