みずほ銀行富山支店(富山市桜町通り)は、同行の前身に当たる安田銀行を創設した富山市出身の実業家、安田善次郎に関するパネル展示を初めて企画した。2022年の同支店開店100周年記念事業の一環で、善次郎ゆかりの品を紹介している。

 企画展では、パネル7枚を使い、戸籍謄本や貸金証書など同行が所有する資料の複製を展示。希望者には原本を公開する。

 資料の説明文に同行マスコットキャラクターのイラストを添え、子どもたちの興味を引くように工夫した。貞松孝洋支店長は「郷土の偉人の存在を小中学生に知ってもらいたい」と話している。