■2月にも強盗被害

 25日午後8時45分ごろ、高岡市横田本町のラーメン店「ありがとうラーメン」の女性従業員から「強盗が来た」と110番があった。高岡署によると、包丁のような刃物を持った男が押し入り、何も取らずに自転車で逃走した。けが人はなかった。同署は強盗未遂事件とみて男の行方を追っている。

 この店では2月、現金15万円を奪われる強盗事件が起き、未解決となっている。二つの事件で押し入った男の特徴や逃走手段、逃げた方向が同じことから、同署は同一犯の可能性も視野に調べている。

 同署によると、男は20代とみられ、黒っぽい服装に黒色の帽子を着用していた。店内で刃物を取り出し、男性店長らを「動くな」と脅したが、のぼり旗の支柱を手にした店長に抵抗され、自転車で店舗東側の住宅街の方向に逃げた。

 事件当時、店には店長と女性従業員1人のほか、客の男女2人がいた。

 この店では、2月13日午後9時45分ごろに強盗事件が発生。上下ともに黒っぽい服装で黒色の帽子と覆面を着用した20代とみられる男が包丁を持って押し入り、レジスター内の現金15万円と客の財布を奪い、自転車で逃げた。男はまだ捕まっていない。

 現場はあいの風とやま鉄道高岡駅から北西に約2キロの国道8号沿い。付近には店舗や住宅が立ち並ぶ。

 被害店舗の近くにある飲食店の男性店長(27)は「また同じ店が狙われたと知り驚いた。うちも防犯対策を強化しなければならない」と話した。