日枝神社の「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」が27日、富山市山王町の同神社で行われ、参拝者がことし半年間の罪やけがれをはらい清めた。

 参拝者は神職からおはらいを受けた後、紙と麻を細かく切った「切麻(きりぬさ)」を身の周りにまいたり、紙で人をかたどった「人形(ひとかた)」で体をなでたりして身を清めた。直径約3メートルの「茅(ち)の輪」を神職に続いて3回ずつくぐり、拝礼して残り半年の無病息災を願った。

 夏越の大祓は27、28、30日の3日間。今回は新型コロナウイルス感染防止のため、一度の参拝を25人までに制限している。