アシックスが「シェフ専用シューズ」初開発

アシックスが「シェフ専用シューズ」初開発

 アシックスジャパン(東京)は、シェフやコックなど厨房で働く人向けの靴を開発した。ワーキングシューズシリーズの新商品で、調理場専用は初めて。「アシックスオンラインストア」などで8月8日発売する。

 調理器具の落下から足を守るため、つま先部分には軽量のガラス繊維強化樹脂を採用。水や油で滑りやすい環境に対応するため、靴底の溝の入れ方を工夫しグリップ性能を高めるなど、安全性に配慮した。長時間の立ち仕事でも疲れにくいよう、かかと部分に衝撃緩衝材のゲルを入れるなど、スポーツシューズの技術も生かした。

 同社は1999年から、建設、運輸現場用のワーキングシューズを展開。専門部署を創設した2015年以降、売上高が2桁成長している。品ぞろえを増やして売り上げ増を図る。

 1足8900円(税別)。男女兼用で白と黒の2色。サイズは22・5〜30・0センチ。同社「お客様相談室」フリーダイヤル0120・068806

(中務庸子)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索