神戸で発砲事件、組員死亡 抗争か

神戸で発砲事件、組員死亡 抗争か

 12日午前10時ごろ、神戸市長田区五番町3の路上で、指定暴力団神戸山口組から4月に離脱した「任侠(にんきょう)山口組」の組員とみられる40代男性が拳銃のようなもので頭などを撃たれ、約1時間後に死亡した。兵庫県警は神戸山口組との対立抗争事件とみて捜査。発砲した男は拳銃を持ったまま現場から逃走し、県警は殺人容疑で行方を追っている。

 県警によると、2015年8月に指定暴力団山口組が分裂して以降、県内で死傷者が出た発砲事件は初めて。撃ったのは神戸山口組の組員とみられる40〜50代の男という。

 県警によると、撃たれた男性は任侠山口組の代表宅近くで、2、3台の車で幹線道路に出ようとした際、別の車から降りてきた男とトラブルになり、男が複数回発砲したとみられるという。

 目撃情報によると、2人がつかみあった後、1人が発砲。撃たれた男性があおむけに倒れ、さらに男が銃を構えていたという。撃った男は上下とも紺色の服で、現場から北西に向かって走って逃げたという。

 指定暴力団山口組から分裂した神戸山口組では今年4月、内部の複数幹部が離脱し、「任侠山口組」の結成を表明。警察庁は、現時点で分裂ではなく「神戸山口組の内紛状態」とみている。

 現場は神戸市営地下鉄上沢駅の南西約300メートルにある幹線道路沿いの住宅街。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索