炎のストッパー・故津田投手の長男 記念館設立PRで日本一周

炎のストッパー・故津田投手の長男 記念館設立PRで日本一周

 プロ野球広島で活躍した故津田恒実(本名恒美)投手の長男大毅さん(29)が「津田恒美記念館」設立をPRするため、自転車で日本一周に挑戦している。「北は北海道から南は沖縄まで。どこに行っても父のことを知っている人がいて『お父さんから勇気をもらった』と感謝される」と大毅さん。32歳の若さで他界した「炎のストッパー」の面影を求め、独り旅を続けている。

 故津田投手は1年目の1982年に新人王を獲得し、89年には最優秀救援投手に輝いた。現役中の91年に脳腫瘍が判明し、93年に死去。その短い生涯は代名詞の快速球とともにファンに語り継がれる。

 大毅さんは4歳の時に父と死別した。記憶はほとんどないが、父を知る人たちと交流する中で記念館設立を企画。クラウドファンディングで資金を集め、2019年夏、広島市内での開館に向け、準備を進めている。

 記念館設立を告知する自転車での日本一周は今年6月、自宅がある埼玉県からスタート。東北から北海道を回った後、本州を南下。九州・沖縄、四国を経て今月上旬、関西に入った。今後、東海から関東に向かい、12月にゴールする予定だ。

 自身も高校、大学で野球に打ち込んだが、芽が出ず「津田の息子」が重荷になった時期もあったという。「記念館のPRとともに、一つのことを極めて自信を持ちたかった」。偉大な父を追いながら、懸命にペダルをこぐ。(松本大輔)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索