神戸山口組が「定例会」開催 神戸市内の関連施設、県警が本拠地化警戒

神戸山口組が「定例会」開催 神戸市内の関連施設、県警が本拠地化警戒

 指定暴力団神戸山口組の直系組長(本拠地・兵庫県淡路市)が集まる「定例会」が15日午後、神戸市中央区二宮町3の関連施設で開かれた。捜査関係者への取材で分かった。10月末にあった神戸地裁の仮処分決定で淡路市の本拠地事務所が使えなくなり、この施設での開催は初めて。今後、新たな本拠地となる可能性もあるとみて県警が警戒を強めている。

 捜査関係者によると、定例会は同日午後1時から始まったとみられるという。施設には午前11時すぎから続々と直系組長らが集まり、井上邦雄組長も午後0時40分ごろ、到着した。捜査員ら約20人が周辺の警戒や集まった組員の確認に当たった。

 同組は原則毎月8日に定例会を開いてきたが、淡路市の本拠地事務所に対する仮処分決定の影響で11月8日は開催を見送ったという。一方で、同組は今年4月から神戸市中央区の関連施設の使用を始めており、一部の直系組長が毎月第3水曜日に「幹部会」を開いている。今回の定例会は幹部会に合わせて開催に踏み切ったとみられる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索