神戸市・久元市長「許してはいけない」 震災モニュメント落書きに怒り

神戸市・久元市長「許してはいけない」 震災モニュメント落書きに怒り

 昨年12月、阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼する「慰霊と復興のモニュメント」(神戸市中央区、東遊園地)で見つかった落書きについて、神戸市の久元喜造市長は12日、定例会見で「憤りを感じる。断じて許してはいけない」と批判した。

 震災を経験していない世代が増える中、モニュメントを残す意味について、久元市長は「記憶や得られた知識、思いを企業や団体、行政が継承する努力をしている。地道に続けることが災害に強いまちづくりにつながる」と述べた。(若林幹夫)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索