飲食店店長で“無収入”? 生活保護費190万円を不正受給 神戸の50歳男 

飲食店店長で“無収入”? 生活保護費190万円を不正受給 神戸の50歳男 

 約190万円の生活保護費を不正に受給したとして、兵庫県警兵庫署は13日、詐欺の疑いで、神戸市兵庫区の無職の男(50)を逮捕した。

 逮捕容疑は2014年8月〜16年12月、同市中央区の飲食店に店長として勤務しているのに、兵庫福祉事務所に無収入と偽った収入申告書を提出し、30回にわたって生活保護費をだまし取った疑い。容疑を認めているという。

 同署によると、男は14年7月から17年1月ごろまでの間に計約800万円の収入があったという。

 同事務所によると、男が入居する市営住宅の住宅扶助や、医療扶助、年末に支給される一時扶助などを合わせ、総額約350万円を支給したという。男は過去に2回、計約150万円の生活保護費を不正に受け取っており、今回の支給分の一部を不正受給分の返済に充てていたという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索