廃線鉄路の痕跡? 兵庫・南あわじに謎のタンク

廃線鉄路の痕跡? 兵庫・南あわじに謎のタンク

 兵庫県南あわじ市福良甲の国道28号沿いに古いタンクを見つけた。ここは1966(昭和41)年に廃線となった淡路鉄道が通っていた場所。水をたたえたタンクは、機関車を走らせるためのものだったに違いない。

 だが、「実は違う」とタンクを所有する木下道子さん(76)。木下さんによると、かつてこの地にあった「電気会社」が作り、使っていた。木下さんの家族が30(同5)年に土地を買ったが、鉄道とは直接の関わりはなかったという。タンクは今、物置として現役だ。

 ただ、こうも教えられた。昭和30年代に淡路鉄道福良駅にできた観光ハウスに水洗トイレができ、その水はこのタンクから送られた−と。やはり、鉄路の痕跡なのでは?(高田康夫)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索