兵庫県が豪雨被災者に県住100戸提供 県内外問わず受け入れ

兵庫県が豪雨被災者に県住100戸提供 県内外問わず受け入れ

 兵庫県は13日、西日本豪雨の被災者向けに県内16市町の県営住宅100戸を提供すると発表した。県内外問わず受け入れる予定で、入居期限は原則6カ月以内だが、住宅再建などの事情に応じて最長2年まで延長する。

 申し込みは14日から先着順で受け付ける。使用料や敷金は減免し、光熱費や共益費、駐車場利用料などは自己負担となる。

 県内ではこのほか、神戸市など20市町が被災者向けに公営住宅128戸の提供準備を進めている。

 県営住宅の申し込みは午前9時〜午後5時半。7月中は土日祝日も受け付ける。県住宅管理課TEL078・230・8470

(前川茂之)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索