行方不明になった男性(86)の早期発見に貢献したとして兵庫県警長田署(神戸市長田区)は14日、県警鑑識課の警察犬「M−スピリッツ オブ ジャパン アドヴィー号」に表彰状を贈った。

 県警でシェパード以外から初めて採用されたラブラドルレトリバー。4歳の雄で、コンビを組む平瀬篤巡査長(32)は「いっちゃん」と呼んでいるという。

 同署によると12月30日未明、神戸市長田区内の高齢者施設から「入所者の行方が分からない」と通報があった。いっちゃんは枕の臭いを頼りに周囲を捜索。18分後に施設から1キロ離れた茂みの中で男性を見つけた。

 「訓練をして3年たち、互いの息が合ってきた。これから成熟度が高まる時なので一緒に頑張りたい」と平瀬巡査長。矢原良一署長は「迅速な活動で命がつながった。今後の活躍を期待したい」とたたえた。(津田和納)