高金利でヤミ金融を営んだとして、兵庫県警生活経済課と兵庫署は13日、貸金業法違反と出資法違反の疑いで、神戸市兵庫区、無職の男(60)を逮捕した。

 逮捕容疑は2016年1月〜18年1月ごろ、無登録で男女計4人に現金計約60万円を貸し付け、うち同市垂水区の女性とは年240%の利率で現金30万円を貸すなど、2人に対し法定金利を大幅に上回る利息を受け取る契約を結んだ疑い。調べに対し「金は貸したが利息は取っていない」と容疑を否認している。

 同容疑者は約15年前からヤミ金融を営んでいたとみられ、口座には元利合計で約9千万円の入金があった。男は調べに「父親から金貸しを受け継いだ」と説明しているという。

 同容疑者の弟(52)も別のヤミ金融を営んだとして逮捕され、今月、神戸地裁から罰金40万円の略式命令を受けた。同容疑者は弟に客を紹介していたという。