14日午前8時50分ごろ、兵庫県神戸市東灘区の阪神電鉄住吉駅で、大阪梅田発高速神戸行きの普通電車(4両編成)が、ホームを約70メートル通り過ぎて停車した。乗降のためバックした後、約5分遅れて運転を再開。乗客にけがはなかった。

 阪神電鉄によると、運転士は「緊張感が緩んだ」と話しているという。この電車を含め下り4本が最大約5分遅れ、約500人に影響した。