交番で包丁を所持したとして、兵庫県警神戸北署は15日、銃刀法違反の疑いで、神戸市北区の自称無職の男(80)を現行犯逮捕した。同署によると、男は包丁を手に同区内の交番を訪れたが、警察官が不在だったため携帯電話で110番し、「金銭トラブルの相手を殺しに行く」と発言。駆け付けた警察官にその場で取り押さえられた。

 逮捕容疑は15日午前0時半すぎ、神戸市北区の「山の街交番」で、刃渡り約20センチの包丁1本を持っていた疑い。同署の調べに容疑を認めている。