14日午前10時ごろ、兵庫県姫路市広畑区富士町の日本製鉄広畑製鉄所で、レール工事のため掘削作業をしていた業者が不発弾を発見した。陸上自衛隊千僧駐屯地(伊丹市)によると、起爆させる信管が抜いてあるため爆発の恐れはなく、管轄する網干署に一時保管された。

 同駐屯地によると、不発弾は地中約50センチで見つかった。先細りの円すい型で、直径は約15センチ、全長約50センチ、重さ約36・5キロ。第2次世界大戦中に旧日本軍が地上から打ち上げる「火砲」で使用していた弾とみられ、信管が抜いてあることから不発処理をして埋設された可能性が高いという。