兵庫県尼崎市の路上で同市の自営業の男性(70)が殴打され死亡した事件で、県警尼崎東署捜査本部は22日、殺人の疑いで、同市内に住む無職の男(44)を逮捕した。男は事件直後に現場から逃走し、行方を追っていた。精神疾患で通院中といい、捜査本部は刑事責任能力の有無を慎重に調べる。

 逮捕容疑は3月17日午前11時5分ごろ、同市長洲西通1の路上で、男性の頭部や顔をコンクリートブロックで複数回殴るなどし、死亡させた疑い。捜査本部は男の認否を「差し控える」としている。

 捜査本部によると、周辺での聞き込み捜査などから、男は男性と面識があったとみており、今後、動機などを調べる。

 捜査関係者や目撃者の証言によると、男は男性を殴ったり蹴ったりした後、倒れた男性の上に乗り、近くにあったコンクリートブロックを複数回、男性の頭部に振り下ろしていたという。司法解剖の結果、男性の死因は、顔や頭などに強い衝撃を受けたことによる外傷性くも膜下出血と判明している。

 現場はJR尼崎駅の南西約100メートルで、飲食店やマンションが立ち並ぶ一角。