将棋の第61期王位戦(神戸新聞社主催)挑戦者決定リーグが24日、大阪・関西将棋会館で指され、藤井聡太七段(17)が稲葉陽八段(31)に勝利し、2019年度の勝率8割以上が確定した。17、18年度も8割を超えており、日本将棋連盟によると、3年連続の年度勝率8割以上は初めて。

 この日は稲葉八段が一時優勢になったが、藤井七段は相手の隙を鋭くついて逆転勝ち。リーグ3勝0敗とし、木村一基王位(46)への挑戦権争いに前進した。

 この勝利で本年度は52勝12敗(未公開の対局を含む)の勝率8割1分3厘となり、年度内に残る1局に敗れても8割。17年度は8割3分6厘(61勝12敗)、18年度は8割4分9厘(45勝8敗)だった。同連盟によると、確認できる範囲では羽生善治九段(49)と中原誠16世名人(72)が2年連続で勝率8割以上を記録している。

 本年度の藤井七段は、王位戦や王将戦の予選を勝ち抜きリーグに初参戦。タイトル保持者らトップ棋士との対戦が増えた中での記録達成に「意識はしていなかったが、一局一局全力を尽くしてきて、そういう結果を残せたことは良かった」と話した。(溝田幸弘)