関学、刑事告訴は「選手や家族の判断」 アメフット悪質反則問題

関学、刑事告訴は「選手や家族の判断」 アメフット悪質反則問題

 アメリカンフットボールの定期戦中、日本大選手による悪質な反則行為で関西学院大の選手が負傷した問題で、関学大アメフット部は17日、兵庫県西宮市の同大で記者会見した。抗議に対する日大から回答書について「疑問、疑念を解消できず、誠意ある回答と判断しかねる」と批判。日大側は24日をめどに再回答するとしたが、関学大側は内容次第で来年度の定期戦を中止する意向を改めて示した。刑事告訴については「(負傷した)選手や家族の判断」とした。

 関学側はこの日、日大側から15日付で届いた回答書を公表。日大は反則行為について「意図的な乱暴行為を教えることはまったくない。ルールに基づく厳しさを求めたが、指導者と選手の受け取り方に乖離が起きた」とし、指導者による指示はなかったと主張した。

 また、定期戦後に日大の内田正人監督が発した「あれぐらいやっていかないと勝てない」とのコメントについては、「選手に『厳しさ』を求めたもの。真意が伝わらず反則行為を容認する発言と受け取られかねないもので、本意ではない」として撤回した。

 これに対し関学大側は、これまで内田監督ら日大の責任ある立場の人物から負傷選手や保護者に謝罪の申し入れがなかったことに遺憾の意を示し、直接の謝罪を要求。その上で、計3回の反則を犯した当該選手に指導者が注意する様子がなく、日大の監督、コーチが容認していたのではという疑念などに触れ、真相究明を改めて強く求めた。

 問題の反則行為は6日の定期戦で起こり、パスを投げ終えて無防備だった関学大クオーターバックに、日大の守備選手が背後から激しくタックルして負傷させた。関学大の鳥内秀晃監督はこの日の会見で「非情に悪質で、ああいうのを認めてしまうとスポーツでなくなってしまう」と憤った。

 同大の小野宏ディレクターは「日大との信頼関係は完全に崩壊している。なぜ突然あんなプレーをしたのか、納得できなければこの問題は解決しない」とし、再回答の内容を精査する考えを示した。(宮崎真彦)

【日本大の悪質反則】 6日に東京都内で行われた日本大と関西学院大の定期戦で、第1クオーター(Q)にパスを投げ終えて無防備だった関学大クオーターバック(QB)に、日大の守備選手が背後から激しくタックルした。関学大のQBは負傷退場し、試合後「第2・第3腰椎棘間靱帯(きょくかんじんたい)損傷」と診断された。日大の選手はその後も反則を続けて資格没収(退場)となった。関東学生連盟は同選手に対外試合出場禁止処分、内田正人監督を厳重注意処分とした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索