SNSで映像拡散「昔なら水掛け論」 アメフット悪質反則問題

SNSで映像拡散「昔なら水掛け論」 アメフット悪質反則問題

 今回の悪質な反則プレーは、関東学生連盟が10日に日大選手らの処分を発表した後、プレーの動画が会員制交流サイト(SNS)などで拡散し、日大への批判が急速に高まった。

 関学大の小野宏ディレクターは会見で「昔であれば映像が残っておらず、『やった』『やらない』の水掛け論で終わったと思う」と話す一方、「正直、こんな大きな記者会見を開くことになるとは想定していなかった」と戸惑いも見せた。

 関西学生連盟の山田恒治専務理事は「これだけ(反則の)映像が流れると、これからフットボールをやろうとしている人たちが躊躇(ちゅうちょ)する」と懸念した。

 神戸大では選手が軽い脳振とうを起こした場合でも休養させるなど安全対策を徹底。増田卓司監督は「安全が求められる時代に日大でこのようなことが行われるとは不可解」と首をかしげた。甲南大では今回の問題を受け、堀田高章監督が選手らに「スポーツにはルールがある。フェアプレーの精神を持ってほしい」と伝えたという。(宮崎真彦、藤村有希子)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

神戸新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索