新型コロナウイルスの感染拡大で学校の臨時休校が続く中、兵庫県が春休みに部活動を条件付きで再開すると発表したことを受け、県高野連は21日、神戸市内で地区委員長会議を開き、4、5月に予定する春季地区大会と春季県大会の開催について協議した。可否は感染状況などを注視して引き続き検討するといい、開催する場合は4月1日としていた地区大会の開幕日を8日以降に変更することを確認した。

 県高野連は3月3日の理事会で基本方針を決め、3月末までに休校や部活動休止の措置が解除されれば、地区大会を4月1〜19日、県大会を4月25日〜5月9日の日程で実施するとしていた。

 しかし、県が部活動再開の条件として、県立学校では対外試合などは認めないという方針を示したため、地区大会の開幕を春休み後とした。県高野連は今後、大会日程を再調整する。

 3月末時点で休校措置や部活動休止が1校でも続く場合、地区、県大会ともに中止する方針に変更はない。(長江優咲)