染野唯月と奥田陽琉がトップ 第13節終了時得点ランク

染野唯月(中央)

 高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯 JFA U−18サッカープレミアリーグ2019 EASTは第13節までの全日程が終了している。首位は勝ち点27の青森山田(青森)。2位は勝ち点23の柏レイソルU-18(千葉)がつけている。

 得点王ランキングトップは9得点で奥田陽琉(柏レイソルU-18)と染野唯月(尚志)が並んでいる。得点ランキングは以下の通り。

▽得点王ランキング(第13節終了時点)
1位:9得点
奥田陽琉(柏レイソルU-18)
染野唯月(尚志)
3位:7得点
武田英寿(青森山田)
青島太一(清水エスパルスユース)
森山一斗(流通経済大柏)
6位:6得点
細谷真大(柏レイソルU-18)
7位:5得点
田中翔太(青森山田)
ノリエガ・エリック(清水エスパルスユース)
栗俣翔一(鹿島アントラーズユース)
10位:4得点
大西悠介(流通経済大柏)
後藤健太(青森山田)
山内大空(尚志)


関連記事

高校サッカードットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索