首位の米子北はドロー決着で5連勝でストップ!作陽が2位浮上

 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2019 中国第14節が9月21日に行われた。第14節2日目は23日に行われる。

 プレミアリーグ復帰を目指す首位の米子北(鳥取)は岡山学芸館(岡山)と対戦。1点のビハインドの米子北は81分、大分トリニータ加入内定のDF高橋裕翔が値千金の同点弾を決め3-3で引き分け勝ち点を分け合った。2位の立正大淞南(島根)は大社(島根)に0-1で敗れ、首位との勝ち点差を縮めることが出来なかった。3位の前回大会覇者の作陽(岡山)は高川学園(山口)とドロー決着も得失点差で2位に浮上した。ファジアーノ岡山U-18(岡山)と就実(岡山)の一戦も引き分け勝ち点を分け合っている。

▽第14節試合結果
大社 1-0 立正大淞南
就実 1-1 ファジアーノ岡山U-18
岡山学芸館 3-3 米子北
高川学園 0-0 作陽


関連記事

高校サッカードットコムの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索