決勝T準決勝 ガンバ大阪ユース vs FC東京U-18

FC東京U-18、優勝に王手!ガンバ大阪ユースとのプレミア勢対決を制す

 8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017の決勝トーナメント準決勝では、プレミアリーグEAST所属ののFC東京U-18と、プレミアリーグWEST所属の所属のガンバ大阪ユースが激突した。

 序盤、ガンバ大阪ユースはディフェンスライン・ボランチ・インサイドハーフが織りなすショートパスで相手を引き付け、出来たスペースやトップへのくさびで攻撃を展開。一方、FC東京U-18は、前線からのハイプレッシャーや奪ったボールをシンプルに2トップの13番吉田和拓と22番今村涼一に入れて高い位置での起点作りを試みる。ボールポゼッションはややガンバ大阪ユースが優勢か。しかし、試合を動かしたのは16分、FC東京U-18。正面やや右、ゴールまで30m強の距離で得たフリーキックを、中央で6番荒川滉貴がヘディングシュート。ファーにすらしたボールはゴールネットを揺らし、FC東京U-18が先制ゴールに成功する。その後もガンバ大阪ユースのペースで試合は展開するも、決定機を作り出すには至らず、前半はFC東京U-18が1-0で終える。

 後半立ち上がりからFC東京U-18が11番横山塁のミドルシュートなどで攻勢に出る。ガンバ大阪ユースも、前半インサイドハーフの25番岩本翔がボランチに入ると、前半ズレ気味だった中長距離のパスがフィットし始め、サイドからもチャンスが生まれ出す。クロスから4番岸田悠佑のシュートや25番岩本翔のスルーパスから32番大谷優斗のシュートなどFC東京U-18ゴールに迫るも決めきれない。FC東京U-18も22番今村涼一がキーパーと一対一を決めきれないなど、互いに決定機をものに出来ないまま試合は終盤へ。終盤は一点ビハインドのガンバ大阪ユースが怒涛の攻撃。FC東京U-18は全員が自陣に戻り猛攻を耐える。ガンバ大阪ユースの猛攻むなしく、試合はこのまま終了。

 完封したFC東京U-18が、決勝戦にコマを進めた。優勝に王手をかけたFC東京U-18は同日午後に行われる決勝ではプリンスリーグ東海で戦うジュビロ磐田U-18と対戦する。

 

(文・写真 甲斐雅人)

関連記事

高校サッカードットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索