決勝T準決勝 ジュビロ磐田U-18 vs 青森山田

ジュビロ磐田U-18、青森山田を撃破しファイナルへ!

 8月10日、第5回 和倉ユース(U-18)サッカー大会2017は大会4日目、会場の田鶴浜多目的広場では決勝トーナメント準決勝の、プレミアリーグEAST所属の青森山田とプリンスリーグ東海で戦うジュビロ磐田U-18の一戦が行われた。

 前半は両チーム互角の戦い。青森山田がボールを支配する時間が多いものの、ジュビロ磐田U-18も自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛ける。両チーム決定的なチャンスは少ないものの、球際の強さ、ポゼッション共にレベルの高いサッカーを展開する。

 後半3分にゲームが動く。ジュビロ磐田U-18はゴール付近の混戦からPKを獲得、これを4番鳥羽隼がGKに1度は弾かれるも押し込み先制点。先制後は、ジュビロ磐田U-18が徐々にペースを掴み始めジュビロ磐田U-18の時間帯でゲームが進む。2人目、3人目の飛び出しを使い相手の裏をうまく使いチャンスを多く作っていく。すると、後半10分、ジュビロ磐田U-18は中盤でボールを受けた13番新里勇人がフリーの20番岩元ルナにスルーパス、これを落ち着いて決め追加点。

 その後は青森山田が支配続ける時間帯が続くがジュビロ磐田U-18の堅守に中々シュートまで持ち込めない。しかし、青森山田が少ないチャンスをものにする。左サイドをドリブルで突破した檀崎竜孔からのクロスを郷家友太が頭で押し込み1点を返す。その後も再三チャンスを作るがジュビロ磐田U-18の堅守は崩せず終了のホイッスル。ジュビロ磐田U-18が速さのある攻撃と堅守で決勝進出を決めた。

 プレミアリーグEAST所属の2チーム、浦和レッドダイヤモンズユースと青森山田を連破し、優勝に王手をかけたジュビロ磐田U-18。同日行われる決勝では、プレミアリーグEAST所属のFC東京U-18と対戦する。

 

(文・写真 小林優介)

関連記事

高校サッカードットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索