【動画】知ってなっ得!感染症の予防 夏休みに注意したい感染症 〜食品が媒介する感染症〜

【動画】知ってなっ得!感染症の予防 夏休みに注意したい感染症 〜食品が媒介する感染症〜

◆食品が媒介する感染症とは?

 感染症を引き起こす病原微生物には、腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラ属菌、ノロウイルスなどがあります。
 O157、O111などの腸管出血性大腸菌は牛肉など、サルモネラ属菌やカンピロバクターは牛、豚、鶏肉などが、感染症の原因になっています。
 症状などは様々ですが、腸管出血性大腸菌感染症やサルモネラ感染症などは、重症化すると命にかかわる場合があり、注意が必要です。
 特に、バーベキューの時に気をつけたいのは、生肉が媒介する感染症です。

詳しくは関連リンクから!

関連記事

おすすめ情報

子育て応援団の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索