鹿児島南署は13日、酒気帯び運転で19歳の少年を現行犯逮捕した事案について、誤認逮捕だったと発表しました。

警察によりますと、13日午前0時半ごろ、鹿児島市東谷山2丁目の谷山電停の近くで、警察官が無灯火で走行する軽自動車を発見し、パトカーで追跡しました。

軽自動車は停止の呼びかけに応じず、およそ1キロ離れた鹿児島市清和1丁目で、建物の入り口のブロック塀やフェンスに衝突し、停止していました。

運転席にいた19歳の会社員の少年は「飲酒運転をしたのは間違いない」と容疑を認め、酒気帯び運転の現行犯で逮捕されました。

しかし、その後の取り調べで少年が「実は運転していたのは自分ではない」という趣旨の話をし、同乗していた別の19歳の少年もそれを認めたことなどから、誤認逮捕であることが判明したということです。

警察は、少年の呼気からアルコールが検出されたことや、少年が運転を認めた当時の状況などから逮捕したと説明しています。

警察は事故の瞬間を目撃しておらず、直後に駆けつけた時には車内には2人しか乗っていなかったということで、誰が運転していたのか、特定を慎重に進めるとしています。

鹿児島南署の谷迫宏副署長は「誤認逮捕を真摯に受け止め、再発防止に努める」とコメントしています。