鹿児島県姶良市の老人ホームに入所する高齢者のキャッシュカードを使い、現金約295万円を引き出したとして、この老人ホームの元事務長の男が14日、窃盗の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、姶良市東餅田の会社員、田代優容疑者(47)です。

警察によりますと、田代容疑者は2020年1月から4月にかけて、姶良市内の老人ホームに入所する高齢者1人のキャッシュカードを不正に入手し、21回にわたり、現金計294万5000円を引き出した疑いが持たれています。

田代容疑者は2020年春ごろまで、高齢者が入所する老人ホームの事務長を務め、職員が高齢者の口座から不正な出金があることに気づき、事件が発覚しました。

警察の調べに対して田代容疑者は「21回のうち何回かは違う」と容疑を一部否認していて、警察が詳しい事件の経緯を調べています。