大型の台風17号 薩摩・大隅地方は21日夕方強風域に

大型の台風17号 薩摩・大隅地方は21日夕方強風域に

大型の台風17号は、21日から22日にかけて東シナ海を北上する見込みで、薩摩・大隅地方は21日夕方、種子島屋久島地方は21日昼前に強風域に入る見込みです。

20日午後10時現在、大型の台風17号は沖縄の南東にあって、1時間に15キロの速さで北北西に進んでいます。

中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートルです。

奄美地方の一部が風速15メートル以上の強風域に入っています。

台風は発達しながら進むため、3連休中の鹿児島県内は、風も強まって大雨や荒れた天気になるでしょう。

この台風の影響で、鹿児島県内の公共交通機関にも影響が出ています。

海の便は、「クイーンコーラル8」や「フェリーあまみ」などが21日の欠航を決めています。

空の便は、鹿児島空港と離島や、離島間を結ぶ便を中心に合わせて32便が欠航を決めています。


関連記事

KTS鹿児島テレビの他の記事もみる

あわせて読む

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索