照国神社で大嘗祭当日祭

照国神社で大嘗祭当日祭

全国のニュースでもお伝えしているように皇居では、午後6時半から天皇陛下が即位後に一度だけ行う皇室の重要な祭祀「大嘗祭」が行われます。鹿児島市の照国神社では大嘗祭を祝い「当日祭」が催されました。


大嘗祭は、天皇陛下の即位以降続いてきた代替わりに関連する祭祀の締めくくりに行われ、収穫された穀物を陛下自ら神前に供えます。

大嘗祭を祝う当日祭が14日、鹿児島市の照国神社など全国の神社で行われました。

大嘗祭では庭積机代物と呼ばれる全国の農水産物が供えられます。

鹿児島からは、精米、精粟(しらげあわ)のほか、鹿児島の特産品として茶、サツマイモ、ピーマン、早堀タケノコ、本枯れ節の五品が献納されています。

当日祭では厳粛な雰囲気の中宮司がお供え物を神前に供え、五穀豊穣と国の安寧を願う「豊栄舞」が奉納されました。

照国神社・福ヶ迫元権祢宜「鹿児島を代表して贈られた7品を集めたが、考証に関してもJAや水産加工業の理解もあり、良くしてもらった。終わってホッとしている。これからも頑張ろうという気持ちを持った」


関連記事

KTS鹿児島テレビの他の記事もみる

あわせて読む

九州/沖縄の主要なニュース

鹿児島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る