鹿児島市役所の周辺の整備工事が一部を残して終了し、23日から市民に開放されています。


鹿児島市は昨年度から約6億円かけて市役所周辺のバリアフリー化など整備を進めてきました。

今月上旬、一部を除いて工事が終了し、23日から市民に開放されています。

本館と別館の間はもともと車道でしたが、歩道として整備され、緑に囲まれたスペースになっています。

また、本館の中庭にはパラソルがついたテーブルが設置され、まるでカフェのテラス席のような憩いの空間になっています。

現在も整備中の箇所についてはことし6月中に完成する見通しです。