鹿児島県の三反園知事は会見を開き、事業者に出していた休業要請の対象を縮小していくほか、学校を5月11日から再開する方針を明らかにしました。

三反園知事は4日午後5時過ぎから会見し、県内で2週間感染者が発生していないことや感染防止と経済活動との両立を目指す必要があることなどを理由に、県内の99業種に出されている休業や時短の要請の規模を縮小したいと話しました。

また、休校が続いている学校については、5月11日から再開する方針を示しました。

休業要請の範囲や学校の再開方法などについては、5日に行われる対策会議で決定したいとしています。