鹿児島県から出されていた休業や時間短縮営業の要請はほとんどの業種で解除されましたが、4つの業種については、20日までの2週間引き続き、休業要請の対象となっています。

「接待を伴う飲食店」、つまりナイトクラブやスナック、バーなどのうち、お客さんと密接になり感染リスクの高い営業形式の店舗、そして、カラオケボックスやライブハウス…と続きます。

多くの業種で休業要請が解除されましたが、緊急事態宣言はまだ続いています。

マスクの着用や手洗いうがいなど、引き続きひとりひとりができる感染拡大防止に努めてください。