新型コロナウイルスの感染拡大防止のための休業要請の対象が縮小され鹿児島県湧水町の霧島アートの森などの文化施設も営業を再開しています。

臨時休業が続いていた霧島アートの森は8日、20日ぶりに開園しました。

再開に合わせて開催が延期されていた阿久根市出身の彫刻家、黒蕨壮さんの彫刻展が始まっています。

アートの森では、マスクの着用や人と人の間隔を空けるなど、鑑賞する際のルールを設けたほか県外からの人や熱がある人には利用の自粛を呼びかけています。