鹿児島県や各自治体は、協力金のほかにも独自に様々な協力金や支援金を設定しています。

県ではホテルなどの宿泊事業者に対して、ゴールデンウイーク中の県外からの宿泊客のキャンセルや延期などを行った施設には、最大10万円の協力金を支払うことを決めていて、こちらも11日から申請が始まっています。

また、個人事業主を含む中小企業に対して、家賃の補てんなど幅広い用途で使える支援金を最大で20万円準備しています。

ただし、こちらの申請時期については調整中としています。

各自治体でもそれぞれの取り組みを行っています。

例えば、鹿児島市は中小企業などに対して事業を下支えする目的で支援金を最大30万円給付することにしていて、11日から申請を受け付けています。

このほか、ここにあげたもの以外にも各自治体が様々な支援策を設けています。

それぞれ給付の条件や申請方法などは違いますので、詳しくは各自治体のホームページなどをご確認ください。