九州南部では27日から28日朝にかけて、非常に激しい雨が降りました。薩摩・大隅地方、種子島・屋久島地方では28日昼過ぎにかけて、土砂災害に注意が必要です。

九州を南下する梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、九州南部は27日から大雨となりました。

降り始めからの雨量はさつま町紫尾山では317.0ミリ、鹿屋市吉ケ別府では288.5ミリなどとなり、28日朝の南種子町上中でも1時間に64.5ミリの非常に激しい雨が降りました。

なお現在は鹿児島県内に出されていた大雨警報、洪水警報はすべて解除されています。

十島村と奄美地方北部では28日夕方にかけて局地的に激しい雨の降るおそれがあります。

急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風に注意してください。